2008年04月27日

大原短答模試

受けてきました。TACと大原は、全く戦略が違いますね〜。個人的な見解では、大原の戦略の方が正解な気がしました。問題の質も、問題数も。
TACも全答練は変えてくるかもしれませんが。
でも、100問はきつかった。

さっき、自己採点しましたが、悪すぎて、放心状態です。財会以外はまだ許せる出来なのですが、財会が酷すぎる・・・。直答2の点数以下だったもので。
恥をさらそうかとも思いましたが、やめときます。

膿は出し切ったとポジティブに考えるしかないっす。今日は、復習なんかする気にならないので、1晩寝て気持ちを入れ替えて、しっかり復習します。

では。


posted by りゅう at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 公認会計士試験

2008年04月26日

短答直前答練2 企業法 管理会計・監査論

こんばんは。全答練のweb成績が出てましたね。
直前答練2でへこんでいたところに、さらに強烈なパンチを見舞われました(ToT)/~~~ 
企業法と監査は、問題毎・総合すべてE判定で・・・。この2科目が特にひどかったっす・・・。企業法は応用は並だったので、まだ望みがありますが、監査は応用答練も悲惨だったので、短答が終わったら頑張らないと。
他の教科も平均点のまわりをうろうろしていただけ・・・。唯一、租税だけがB判定で。租税は、今どんどん力が落ちているので、あんまり当てにならないですけど・・・。

短答直前答練2ですが。
続きを読む
posted by りゅう at 01:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 企業法

2008年04月24日

短答直前答練2 財務会計論

吉野家向け輸入牛肉に危険部位が混入していたようで。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000964-san-soci

吉野家HDの2008年2月期連結決算は不振だったようなので(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/138059/)、ダブルパンチですね・・・。

短答直前答練2 財務会計論。財表の補充問題の多さは何なのでしょうか・・・?80ページって。小出しにしてほしかったです。

続きを読む
posted by りゅう at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 財務会計論

2008年04月20日

短答直前答練1 管理・監査

こんばんは。日曜日は、いすとりゲームです。
先週、今週と朝1でTACに行っているので、席は確保できてはいるものの・・・。ひどいです。朝8時30分に席が無くなるつーのは(ToT)/~~~


続きを読む
posted by りゅう at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理会計論

短答直前答練1 企業法

T先生の解説にも、ずいぶん慣れてきました。だんだんVTR収録も上手くなっているのでは、と個人的には思いますが。ただ、そう感じるのは、私だけのようですね・・・。



続きを読む
posted by りゅう at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業法

2008年04月19日

約14%??

こんばんは。
公認会計士試験の出願状況が出ましたね。http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/shutsugan20.html

短答の合格率を分析してみました。
H.18は、(短答式試験合格者5,031人÷(短答式試験受験者16,210人)≒30.1%

H.19は、(短答式試験合格者2,709人+短答合格による免除者3,532人)÷(短答式試験受験者14,608人+短答合格による免除者3,532人)≒34.4%

です。2年間のデータから、いわゆる短答通過率を30%近くに保つようにしていることが伺えます。

H.20の一般出願数は、19,737人。H.19の論文不合格者数3,625人が全員今年の短答合格による免除者だと仮定します。そして、今年の短答通過率を30%だと更なる仮定を置いて、今年の短答式試験合格者をx人とすると、

(x + 3,625人)/ 19,737人 = 30% という式になります。

これを解くと、 x ≒ 2,296人
短答式試験受験者数が、19,737人 - 3,625人 = 16,112人
で、合格率を出すと、2,296人/16,112人 ≒ 14.3 %

ちなみに同じ計算を短答通過率35%として、合格率を出すと、20.3%。14%と20%じゃ大違いですね・・・。

長々と書きましたが、あまり意味のない計算のような気がしてきました・・・(ーー;) 
まとまりありませんが、こんなところで。
posted by りゅう at 00:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 公認会計士試験

2008年04月16日

短答直前答練1 財務会計論

こんばんは。阪神、強すぎですね〜。セ・リーグを面白くするために、休憩してもらえると嬉しいのですが・・・。

財務の短答直前答練1を受けてきました。
まだ受験されていない方は以下、見ないようにしてください。ネタばれはありませんが、先入観が入らない方がいいと思いますので。続きを読む
posted by りゅう at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公認会計士試験

2008年04月13日

アクセス管理会計論27

こんばんは。先ほど "証券化商品に対する監査を厳格化" というニュースをNHKでやっていました。日本公認会計士協会のホームページには、会員向けの通達が出ています。

証券化商品っていうのは、この前の日商1級で出ていたSPCの話ですね(←知ったかぶり^_^;)。サブプライムの余波で、市場が活発ではないようです。で、その「第3者と売買できない状態」を証券化商品の時価に反映しろということを協会が言っているようです。

やり方は文書に書いていますが、よくわかりません・・・。

会計士試験の勉強でも、時価を決めるのは難しいというのは感じますが、こういうニュースを聞くと、本当に難しそうです。

アクセス管理会計論27。JIT、バックフラッシュコスティング、財務分析、経済的発注量、CVP。
短答論点の詰め合わせって感じでしたね。私は、あまりできませんでした。またもや平均割れな気がします。6割くらいだと思います。
配当性向なんか、すっかり忘れてました。経営選択の人には、お馴染みの概念のようですが・・・。

できるように復習します。

では。






posted by りゅう at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理会計論

2008年04月11日

アクセス財務会計論27

こんばんは。短答まとめ、全教科受け終わりました。
企業法で、「会社法・商法の一部改正」というレジュメが配られましたね。132条と319条は、引っ掛けの肢を簡単に作れそうですね。
短答で聞かれそうな気がします。
あと、お気づきの方も多いと思いますが、短答パワーアップのテキストは、改正が反映されてません。昨年11月発売の08六法には改正が反映されているのに、いかがなもんかと思いますが。

アクセス財務会計論27。事業分離、企業結合。
講義でやったことしか出ていないので、先週のアクセスよりも難易度は低めだったんですかね?私は、事業分離の定着がいまいちで結構慌ててしまいました。

事業の簿価と時価の資料を一部読み間違えて、持分変動損益を全部飛ばしました。
あと、受取対価が分離先企業の株式のみの場合で、分離先企業が子会社になる場合の処理が完全に飛んでました・・・。逆取得ですね。

出来は、8割くらいです。

では。
posted by りゅう at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 財務会計論

2008年04月09日

短答まとめ

こんばんは。短答まとめ、3つ消化しました。
簿記・財表・監査。
今の所、一番役立ちそうなのは、簿記。といっても、正規のカリキュラムのリスクヘッジ論点ではなくて、講師が別に配ったレジュメ。
短答で出る論点の予想が書いてあったもので。本試験の1〜2週間前の超直前期に集中的に潰していこうかなと思っています。

財表はどんどんやらなきゃいけないことが増えていますね。08本試験とは関係ないですが、今年に入ってから新基準が4つも出てるし。


では。
posted by りゅう at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 講義

2008年04月06日

アクセス管理会計論26

こんばんは。NHKで、「監査法人(仮題)」という連ドラをやるようですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000071-sph-ent

6月21日(土)スタートの全6回だそうで。検索していて、気づいたのですが、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の山田真哉先生が監修されているようで、内容も期待できそうです。

アクセス管理会計論26。原価企画・品質原価計算・ライフサイクルコスティング。
全部短答論点と思いきや、原価企画には網掛けが掛かってますね。論文試験での過去の出題実績がまだないようなので、不気味に感じます。

アクセスの計算は、簡単でしたね。簡単なパズルのような感じで。
理論は典型ばっかりだったので、覚えていた人には簡単だったかと。私は、ほんのりとした暗記しかしていなかったので、微妙な出来でしたが・・・。

6〜7割ですね。平均割れっぽいです。

では。





posted by りゅう at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理会計論

2008年04月04日

アクセス財務会計論26

こんばんは。1つ前の記事で書きましたが、見事に租税と統計の時間が短答科目の勉強時間に奪われています・・・。計算も理論もまだまだ実力不足なので、本当にやることが多いっす。

アクセス財務会計論26。企業結合。
講義でやっていなかったその他有価証券評価差額金の取り扱いがポイントでしたね。
問題1では適切に取り扱えましたが、問題2では、何故か株主資本に入れてしまいました・・・。習っていなくても、冷静に考えれば気づいたはずですが。
出来は、9割くらいです。

では。
posted by りゅう at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 財務会計論

2008年04月02日

4月

こんばんは。とうとうガソリン税の暫定税率が失効しましたね。
夜、帰宅中に見かけたスタンドには、「122円」の文字が。
私の住んでいる地域も安売り競争になっているようです。
ガソリンスタンドを経営されている方は本当に大変だと思います。4月末にまたあがることを考えると、本当に政治に商売が翻弄されていますね・・・。どんどん時代が逆戻りしているような気がします。

1つ前の記事で書きましたが、4月の勉強のスケジュールをたててみました。

毎日、財務4h 管理2h 企業2h 監査2h を目安に勉強していきます。
財務(計算)と管理は、アクセスを中心に。今日は、アクセスをやって、関連のテキストを見て、というだけで終わってしまいましたが、取り組んだアクセスに関連する短答の問題を解くというところまでやりたいですね。

財務(理論)、企業、監査はテキストの読み込みが中心です。こっちもその日にやった分野の短答の問題を解くというところまでやれれば、御の字ですが。

それで、5月4日(日)の短答全答練までに計算も理論も1回転させます。
あとは、1回転目で不安の残るところを重点的に潰していきながら、短答本試験に臨もうと思っています。

あとは、短答に関係のない租税と統計について。一応、租税は1日おきに1時間、統計は3日おきに1時間 くらいでスケジュールをくんでいます。が、短答科目が優先なので、スケジュールが狂ってくると、真っ先に切ることになると思います。で、5月に入ったら、一切やらないことにします。

まずは短答突破ですね。では。







posted by りゅう at 00:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 反省・計画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。