2008年11月20日

監査論(本試験の出来について)

こんにちは。たくさんのコメントをいただきありがとうございました。

合格発表から2日が過ぎました。
受かると、本当に世界が変わりますね。飲み会の帰りにタクシーを使おうとした自分がいました・・・。

再現答案を残したわけではないので、不正確かもしれませんが、これからしばらくの間の記事で、本試験を降り返っていこうと思います。

一発目は監査論。
第1問 問題1 直前答練で、似た問題が出てましたね。H17前文がすぐに思い浮かびましたが、なぜか、リスクアプローチから書いてしまいました。小さい字で、リスクAP→H17前文のことまで書きました。その結果、H17のところは薄くなってしまったと思います。

問題2 問1 ぐだぐだになりながら、何とか全部埋めました。でも、TAC解答と出題の趣旨によると、2つくらいしか合ってません。

問2 企業買収ってことで、買収金額に恣意性が介入するということを書きました。そのことを29号103項に書いてある、特別な検討を必要とするリスクの要件にあてはめました。

第2問 問題1 番号は合ってました。Aの方は、金商法適用会社に対して同時提供禁止というのはきっちり書けましたが、理由がぐたぐただった印象があります。Bは書けました。

問題2 問1 TAC解答っぽく書きました。出題の趣旨にある"経営者確認書を入手することの財務諸表監査上の意味と関連づけて"という部分は書けませんでした。

問2 経営者による確認書の入手が監査手続だということは指摘できませんでした。だいたいTAC解答っぽく書けました。

では。



posted by りゅう at 11:34 | Comment(3) | TrackBack(1) | 2008論文本試験

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。