2008年11月22日

租税法(本試験の出来)

租税法です。
問題1 問1 番号は合っています。
問2 条文は37条7項は挙げたけど、37条1項は挙げてないです。ただし、37条1項の規定(限度額の話)のことも論述はしました。だいたいTACの解答っぽいことを書いたと思います。

問題2 問1 TAC解答は57条の青色事業専従者のことも触れていますが、私は書いていません。出題の趣旨を見る限り、書かなくても大丈夫そうですが・・・。

問2 @、A、B 大筋はあってます。ただ、Aで、37条、27条、36条といった条文をあげてません。

第2問 問題1
当期利益の額、棚卸資産の評価 ○
減価償却費: 建物、資本的支出、器具及び備品 ○
繰延資産 : (3) ○
租税公課 : (1) 加算のみ、(2), (3)加算のみ, (4) ○
リース  : ○
貸し倒れ : H社、J社、貸倒実績率 ○
交際費  : ○
外国税額控除 : 別表4のみ ○
中間申告分の法人税額:○

問題2 両方 x
問題3 課税標準額、課税標準額に対する消費税額、課税売上高、非課税売上高、売上げに係る対価の返還等に係る消費税額 ○

以上です。


posted by りゅう at 19:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 2008論文本試験

約8.6%

こんばんは。
論文本試験に関するデータの紹介を。
短答から受験した人の合格率を計算してみました。

関東財務局のデータです。
@短答受験者数 9882人
A短答合格者数 2140人
BAのうちの論文合格者数 854人
@/B = 8.6%

Bを算定するにあたっては、受験番号の1桁目が0,1,2,3のものを集計しました。

2007年度は、5.4%でした。今年は去年よりも一発合格者の比率が上がっていそうです。

では。
posted by りゅう at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公認会計士試験

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。