2008年09月06日

奨学生試験

こんばんは。会計士試験の勉強から離れて、もう2週間が経ちますが、今日は2週間ぶりに電卓を叩いてきました。Tの奨学生試験。
簿記は個別CF, 管理は標準・連産品・CVPでしたね。簿記も管理も比較的好きな分野からの出題だったので、意外とできました・・・。助かりました。ただ、論文試験を受験した方々とのガチンコ勝負なので、よくても20%OFFくらいかなあと思います。

では。


posted by りゅう at 20:44 | Comment(5) | TrackBack(0) | 公認会計士試験
この記事へのコメント
突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこのページへリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/accountant/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/accountant/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)
Posted by sirube at 2008年09月10日 23:50
今更ながら、論文式試験ご苦労さまでした。
合格されることを願っています☆★

唐突ですが、少し質問させてください。

私は一年本科生で、租税法についてなんですが、アクセスを受講するかどうかで悩んでいます。というのも、他の科目への比重が多くなってしまい、基礎マスターの内容もおろそかになっているのが現状で、アクセスまで手が回りそうにないというのが一点と、

租税法は計算科目と巷では言われていますが、自分としては、暗記科目というか、知識の積み重ねをしていく科目ではないのかなと思い、アクセスはそこまで必要ないのではないか。それよりも今の現状を考えると、テキストの暗記を少しずつでも積み重ねていくことに時間をかける方が効率的なのかなと思っています。

結論としては租税法のアクセスは受講しなくていいや、と思っています。また、管理会計のアクセスは必要でしょうか。受講しようと思っていますが。

ご意見ください。よろしくお願いします。
Posted by 秀ぽん at 2008年09月12日 05:36
秀ぽんさん

手が回らないのであれば、租税のアクセスは必要ないと思います。私は08目標で租税のアクセスを受講していましたが、直前期にやっと復習できたくらいです。無駄だったとは思いませんが、必須だとは思いません。
短答を無事通過されて、その時に余裕があれば、6・7月期だけ受講すればいいと思います。

管理のアクセスについてですが、基礎期の問題は短答に役立ちます。12月以降の問題は微妙ですね。ただ、08論文本試験でアクセス第26回に出題された問題とよく似た問題が出ました。こんなことが起こった場合は、アクセスを受講していないと不利になります。
Posted by りゅう at 2008年09月13日 13:27
上級講義・・むちゃくちゃ長い!!(笑)
あれは集中力切れますよ〜

DVD通信にして良かったです。

あとアクセスですが、
試しに今月はライブで受講してます。

ある程度の緊張感で問題演習をすると、
簡単な問題でも何で満点とれないのか??

単純ミスのオンパレード・・
今さらながら情けなくなります(苦笑)

簿記・管理共に8割程度でした。

今後は、本番の緊張感に対応するためにも
ライブで受講し続けることに決めました。

目標は、「回答した問題の正当率90%」
Posted by 企業研究者→CPA2 at 2008年09月18日 00:30
企業研究者→CPA2さん

3時間は長いですよね〜。DVD通信だと集中力が切れたときはやめればいいので、それは大きなメリットですよね。

アクセス、両方とも8割ですか?入門あがりだと相当上位だと思いますよ、ハピララの講評を見た感じだと。
私は去年の1回目の管理は5割でした、確か。
ミスを無くすには、ミスノートを作るのが一番だと思います。(月並みで恐縮ですが(汗))作られていないのでしたら、作る事をおススメします。

おっしゃるとおりで、答練はライブで緊張感をもって受けることがとても大切だと思います。本試験も当然ライブですし。


Posted by りゅう at 2008年09月20日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。