2008年11月28日

企業法(本試験の出来)

企業法です。
第1問 問1 自己株式取得の4つの弊害を書きました。あとは、156条以下の手続規制をダラダラと書きました。下書きを見る限りでは、財源規制には全く触れていないみたいです・・・。

問2(1)「200株を1株にする株式併合をする」と書きました。あとは、株式併合の手続きを書きました(180条2項3項)。株主総会特別決議が必要な趣旨も書きました。端数処理(234条、235条)は書いていません。

問2(2)知らなかったので、831条1項1号でごり押ししました。

第2問 問1 だいたいTAC解答どおりですが、"取引が利益相反取引の
場合"は書いていません。「出題の趣旨」を読む限り、いらないみたいですが・・・。
問2 これもだいたいTAC解答どおりですが、"当該取引が利益相反取引ではないが重要な業務執行ではない場合"は書いていないです。

では。
posted by りゅう at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2008論文本試験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。