2007年06月10日

日商簿記1級ー11月に出なおします(泣)

今の自分の学習進度で十分解ける問題ばかりだったのにね〜。
TACの講師いわく、合格率10%を超えそうだそうです。
私が落ちたのは、工簿。予算は月間で、作業時間の資料は年間ですか・・・。予定配賦率算定で、年間と月間のデータを間違えるのは、いつかテストでやりそうな予感はしていたのですが、こんなときにやらなくても(T_T)/~~~ TAC予想によると、−13点。
第2問もどこに配点が来るかによりますが、完璧にあってないので、ここで足切りかと。

会計学の第3問も(第1問も「財務会計」しか合ってませんが。)。支払利息の算定に、年金現価係数を使わず。こういう問題の出し方に始めて遭遇したとは言え、できなかったのは恥ずかしいです。ついでに問2で「小さく」に○をつけたし・・・。

というわけで、かなり簡単だったらしい日商1級に屈服しました。

11月は、確実に難しくなりそうですね。TAC会計士講座での上級論点満載&連結でしょうかね。
でも、その頃には合格率3%でも受かる実力をつけてないと。








タグ:日商簿記
posted by りゅう at 21:44 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日商簿記
この記事へのコメント
記事本文と関係ないコメントで申し訳ありません。

第4回税務会計系ブロガーサミットを
今年(2007年)9月15日に福岡市で開催します!
詳細につきましては、当方のブログをご覧下さい。

第4回は福岡ばい!税務会計系ばい!ブロガーばい!

是非!ご参加くださいm(__)m
Posted by 第4回税務会計系ブロガーサミット at 2007年06月12日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

全経簿記上級
Excerpt: 私はバイトでためたお金で、また学校に通うことにした 上級の勉強は答案練習をしながら 日商の知識ににくづけしていくかんじだった 日商1級との大きな違いは、やはり会計学 正..
Weblog: 中卒、暴走族、瓦職人、運送業、そして専門学校講師へ 「簿記と出会って・・」
Tracked: 2007-07-17 12:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。