2008年03月11日

企業法応用答練3

こんばんは。私の通っている校舎では、春上級の書換が始まりました。
短答終わった後のカリキュラムまで書換させられるのは、何か切ないですね・・・。直前答練は、毎日1コマになるように割り振りましたけど。

あと、今日マラソンのオリンピック代表の発表をやっていましたが、競技は、女子が8月17日、男子が8月24日とか。当然出てくるのは、某試験の日程で。

企業法応用答練3。応用答練2が自分の想像以上に悪かったので(38点でした。)、久々に自分の出来の悪い答案を分析して、臨みました。論点もれ、論点ズレしまくってましたね・・・。

問題2はその甲斐あってか、論点もれはなかったです。ただ、場合分けの片方の論述が雑になってしまったので、そこはよくなかったですけど。
こっちは、25〜30点くらいかと。

復習の際に無視していた項目が出てしまった問題1。試験中に条文を読んで、考えるという失態をやってしまいました・・・。一応、条文はあげることができましたが、抜けているところはあります。
 問2は、本質がわかってなかったのですが、問1の流れから、こういうことが言えるはずと思って書いたら当たっていました。書いたのは、宮内先生が言う所の冒険の部分だったり。こっちは15〜20点ですね。

では。








posted by りゅう at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。